アトピーに有効な成分が含まれている食品で対策をしよう

サプリメント

皮膚炎の治療と対処法

自然

アトピー性皮膚炎は、かゆみや赤みのある湿疹が全身に発症し、治りにくい皮膚疾患と言われています。体質的なものに症状が大きく左右される以外にも、花粉や乾燥、カビやダニなど特定の因子が関連してアレルギーを起こし、症状を悪化させる例もあるとされており、効果的なアトピー対策の情報は、インターネットでも患者同士で活発に意見交換されています。アトピー性皮膚炎は、アレルギー性疾患の一つであるという見方から、アレルギーを起こしにくくするサプリメントを服用することで、症状が和らぐ例が確認されています。アレルギー対策で人気の商品に、腸内環境を整えるサプリメントが挙げられます。腸内環境とアレルギーに結びつきがあるという考えから、乳酸菌や酪酸菌などを摂取することで、アトピー性皮膚炎がおさまるケースも報告されています。

アトピー対策として、腸内環境を整えると同時に摂取が推奨されているのが、ビタミン類です。特に、ビタミンCとビタミンHを同時に摂取することで、アトピー性皮膚炎をはじめとする難治性のアレルギー症状を抑えることができる例があることから、多くの皮膚科で酪酸菌、ビタミンC、ビタミンHが対策として処方されています。アトピー性皮膚炎には、自律神経を整える事が有効であるという考えのもと、プラセンタ注射やプラセンタのサプリメントも人気です。プラセンタには、自律神経を整える以外にも様々な効能があることがわかっており、プラセンタを摂取することで、肌がうるおいアトピーのカサカサが良くなったり、かゆみが治まるなどの口コミがインターネット上にも見られます。